夜行バスの思い出!楽しかった?眠かった?

夜行バスでの移動って楽しいの?

みなさんは夜行バスを利用したことはありますか?長距離の移動をするとき、時間はかかりますが安価な運賃で利用できるので、学生や節約家の方の強い味方ですよね。 夜行バスを利用したことのない方は、「長時間もバスで過ごすのは辛そう…」「眠れなくて翌日の予定にひびきそう…」など不安に思っている方も多いのではないでしょうか。 夜行バスを利用するメリットは運賃が安いことだけではありません。途中のサービスエリアで、出発地から到着地の間の各地の名産品を見ることができるなど、長旅ならではの楽しさがあります。 短い時間で移動のできる新幹線や飛行機もいいですが、バスでのゆったりした長旅も旅行気分を盛り上げてくれるのでおすすめです。

夜行バスってちゃんと眠れるの?

夜行バスは眠れない。そんなイメージを持っている方も多いと思います。 夜行バスには様々なタイプの座席があり、隣の人との間に通路がある3列シートタイプや、さらに寝ている顔が見られないためにカーテンや顔を覆うカバーが設置されているものまであります。ゆとりのある車内構造のバスも多いので、リクライニングも十分にできますし、フットレストが付いているバスでは足を伸ばして座ることもできます。 車内では私語の禁止やスマートフォンなどの利用禁止もアナウンスで呼びかけてくれるので、静かで光もほとんど入らない空間で道中過ごすことが可能です。 眠れないから、辛そうだから、という理由で夜行バスを敬遠している方は、一度どんなタイプのバスがあるか調べてみてはいかがでしょうか?想像以上に快適で、プライベート空間の確保されたバスもたくさんありますので、長距離を移動するときは夜行バスでの旅も楽しんでみてくださいね!